任意売却は競売と違い不動産売却時の引越代(引越しにかかる費用等)を債権者から控除してもらえるとの話を聞きましたが?【 秘密厳守 / 無料相談 】

必ずもらえる引越代?

離婚をし、収入が減ってしまいました。
引越代はもらえますか?

今までは貯金を切り崩してなんとか払ってこれましたが、貯金が底をついてしまったので先月から払えていません。

任意売却でマンションを売るしかないと覚悟はできたのですが、私のお給料では生活をするのが精一杯で、まったく余裕はありません。なので、引越しをしたくてもとてもできない状況です。

どうしたらいいのでしょうか?

売却に必要な費用として引越代がもらえる場合もあります。

任意売却は、住宅ローン等の借入返済ができなくなってしまった場合に認められる不動産売却方法です。
ですから、金融機関側も
"住宅ローンの返済ができない状態→任意売却で売却=引越しするお金もない状態"
と理解してくれています。

本来であれば、売却代金は全額が住宅ローン等の借入返済の一部に充当されるところを、金融機関のはからいによって、売却代金の一部を売却に必要な費用としてみてくれます。

その売却に必要な費用の中には、引越代も含まれます

しかし、すべての金融機関が引越代を考慮してくれるとは限りません。
金融機関によっては、全く考慮してくれないところもありますが、任意売却相談室では少しでもご要望に近づけられるように交渉等をしていきます。

任意売却相談室の対応

任意売却相談室では、引越代はほとんどのケースで、10~50万円程度のお渡しができています。

しかし、必ず引越代を受け取れるという決まりはありません

多くの債権者の、「きっと、住宅ローン返済に困っているのだから、引越しをする費用がなくて困っているだろう」という配慮から、スムーズに引越ししてもらえるようにという厚意により、引越代はもらえます。

ですから、引越代を実際に払うことがないのに受け取れるものではありません。
また、梱包も開梱もしてもらえるような高額パックを利用することも難しいのが現実です。もちろん、引越代を引き上げるための交渉はできないと思ってください。

任意売却相談室では、「何でもできます」とは言いません。難しいことであれば、「難しいですがやってみます」と言っています。
ですから、「必ず大丈夫です」とか「必ず何とかします」という言い方はしていません。

引越代がないと引越しができない場合でも、今までの豊富な経験からいろいろな方法でお引越しがスムーズにできるようにお手伝いします。

手遅れになる前に 年中無休・無料相談
フリーダイヤル 0120-218-985(にんいばいきゃくはココ!!) 受付時間 8:00~22:00
メールでのお問い合わせ(24時間対応)
ページトップへ

引越代はいつもらえるの?

引越代がもらえるとしても、実際にお金を受け取れるのは、引渡し決済の時になります。

引渡決済をするためには、その前に引越しをして、自宅を空にする必要があります。
その引越代を受け取るためには、事前に引越しの見積明細書を、お金を受取る時には領収書が必要になります。

ということは、引越代を前もって立て替えなければいけない状況になります。

一時的に立て替えることがどうしても困難な場合には、任意売却相談室に前もってご相談ください。債権者 (金融機関)によっては対応が異なり、また状況によっても異なります。
しかも、一部の債権者では全く引越代を認めていないところもあります。

早めの引越し

任意売却相談室では、購入者が現れ自宅の引渡し日が確定してから引越していただくようにお薦めしております。

「他のところに相談したら、『すぐに引越ししてください。』と言われて困っている。」というご相談を受けることがありますが、任意売却相談室ではなるべく負担のないように、できるだけ長く住んでいただくことをアドバイスしています。

早めに引越しをすると、販売活動がしやすく、購入を考えている人の入居後のイメージが作りやすいため購入意思の決定がしやすいというメリットはありますが、家賃の支払いが早く開始することで費用的負担がかかってしまうというデメリットもあります。

お子様の学校の関係で、できれば3月末には引越しをしたい等のご希望は最優先で対応させていただきます。

また、早めに引越しをすると、債権者によっては引越代を認めてくれないことがあります。その理由は、引越代がもらえることは、債権者の厚意によるもので、引越しする費用がなくて困っているだろうという考えに基づいているからです。
それなのに、すでに引越しできているのであれば困っていないという理解をされてしまいます。たとえ、その引越代は親戚から一時的にお金を借りていても、債権者には理解してもらえないこともあります。
債権者の考え方として、早めの引越しができる=資金的に若干の余裕がある となることが多いようです。

一人で悩まないでまずはご相談を
フリーダイヤル 0120-218-985(にんいばいきゃくはココ!!) 受付時間 8:00~22:00
メールでのお問い合わせ(24時間対応)
ページトップへ

空家でも引越代?

誰も住んでいなくても残置物がある場合には、その残置物を片付ける為の費用を認めてくれることがあります
本来であれば、処分しておく不要なタンスが置きっ放しだったり、使えない冷蔵庫があったり、ガレージにゴミがたくさん放置してある状態のままでは引渡しをすることが難しくなるため、売却がスムーズにいかなくなってしまう可能性があるからです。

残置物を処分してからの引渡しとなることが通常で、その処分費用が必要になります。その費用は、引越代と同様に債権者が認めくれることがありますので、片付けるお金をどうしようと悩む前に、ぜひ任意売却相談室にご相談ください。

また、残置物と言っても、タンスのような家財もあれば、自宅の一部が工場になっていて機械等がある場合があります。そうなるとその処分費用は高額になってきますが、どのような状態でも、ご自身で無理だからとあきらめないでください。

競売だと

競売の落札でも落札した人が、「引越代もなくて引越しできなくて困っているだろう。だから引越代を出してあげよう。」という配慮をしてくれればもらえます。
しかし決して、引越代を払わないといけないという競売の条件はありません。引越代ももらえず、出ていけと追い出されてしまうかもしれないのが競売です。

甘い言葉に気をつけて!

「必ず引越代をお渡しできます」「引越代は50万円お渡しします」という甘い文句に惑わされないでください。

「引越代がもらえるというからお願いしたのに、売買契約を交わしてから『引越代は債権者に認められなかったから渡せない』と言われてしまった。」等というトラブルは多くあります。

2005年頃までは、まだ任意売却の件数がそれほど多くなかったこともあり、高額の引越代がもらえたことはありましたが、現在ではまずあり得ません。

株式会社ワコー・コーポレーションが運営する「全国任意売却相談室」は、任意売却・任意売買専門にした会社で、永年の経験と実績で "貴方に合った解決方法" を提案しております。

また、任意売却後の残債や生活におけるご不安な事情が出てきた場合でも、任意売却相談室では、任意売却後の専属相談員が 無料で貴方をサポート 致しますのでご安心ください。

手遅れになる前に 年中無休・無料相談
フリーダイヤル 0120-218-985(にんいばいきゃくはココ!!) 受付時間 8:00~22:00
メールでのお問い合わせ(24時間対応)
ページトップへ